初婚年齢が過去最高を更新しました

20150608

 

厚生労働省の「人口動態統計」によると、昨年2014年に結婚した人は64万3740組で、
前年比で1万6873組の減少でした。

このうち初婚の人の平均年齢は、
男性が31.1歳(前年比:0.2歳上昇)、女性が29.4歳(前年比:0.1歳上昇)と過去最高を更新。
1994年(20年前)に比べると、男性で2.6歳、女性で3.2歳も高くなっています。

女性が最初の子どもを生む年齢も、2014年の平均年齢は30.6歳で、これは2004年(10年前)に比べて
1.7歳高く、1975年(40年前)に比べると4.9歳高くなっていて、晩婚化が晩産化に影響している
ことがわかります。

風が吹けば桶屋が儲かるではありませんが、晩産化が進めば、少子化にも大きく影響します。

結婚しない理由、結婚できない理由は人それぞれいろいろあるとは思いますが、
もし、結婚できない理由が「出会いがないから」だとすれば、結婚相談所はお力になれるかも知れません。

ぜひお気軽に、ご相談いただければと思います。

お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム »