お見合い結婚と離婚率

todoke

最新の統計によると、日本の離婚率は現在およそ30%を超えていて、
結婚したカップルの実に3組に1組が離婚している計算になります。

また、恋愛結婚したカップルの約40%が離婚しているのに対して、
お見合い結婚したカップルは約10%が離婚していて、統計的には
お見合い結婚の方が離婚率が低いということになります。

これをセールストークに使って、入会を強引に勧誘する結婚相談所も
見受けられますが、この統計には別の見方もあります。

「あなたは恋愛結婚ですか?お見合い結婚ですか?」と問われて、
相談所を利用して結婚していても「お見合い結婚です」と答える方が
少ないために、結果的に離婚率も少なく見えるというわけです。

実際、最新の統計でもお見合い結婚は約5%(20組に1組)という結果が出ています。

結婚相談所を利用して出会って、恋愛して結婚すれば、それは恋愛結婚と
言っても嘘ではないので、実際にお見合い結婚で結ばれている比率は5%より
もっと多いと思われますので、お見合い結婚で不幸にも離婚するカップルも
残念ながら10%よりも多くなると思われます。

ただ、結婚を前提にしたお相手選びの段階で、ある程度お互いの詳細がわかった上で
お見合いをしていますので、交際後に「知っていたら交際しなかった」というような
事態は、恋愛結婚に比べれば少ないのではないかと考えられます。

Ritz 結婚相談所が、結婚相談所を活用した婚活をオススメする理由も、この
「結婚の意思のあるお相手を、数万人の中からじっくりと選べる」
ことにあります。

近年、毎年約70万組前後のカップルが結婚しています。
婚活が思うようにできていない方は、ぜひ一度この機会に結婚相談所を活用して、
この70万組のうちの1組を目指してみてはいかがでしょうか?

お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム »