プロフィール写真でお相手を理想に近づける方法

photos2

前回に引き続き、プロフィール写真についてです。
主に女性向けに書いていますが、男性の場合は随時読み替えていただければと思います。

プロフィール写真から受ける印象で、申し込まれる相手は大きく変わります。

「ほんわかした印象」を受けるプロフィール写真を見て申し込むお相手は「ほんわかした」方がタイプです。
「しっかりした印象」を受けるプロフィール写真を見て申し込むお相手は「しっかりした」方がタイプです。

当たり前だと思いますか?

では、これを意識してプロフィール写真を撮影してもらっていますか?
プロフィール写真を撮影するときの服装、お化粧、ヘアスタイルを自分の思ったイメージにできていますか?

あなたが「ほんわかしたタイプの人」であったり「ほんわかしたタイプに見られたい人」の場合は、
自分以外の人から見て、そう見えるような服装やお化粧やヘアスタイルにします。
あなたが「しっかりしたタイプの人」であったり「しっかりタイプに見られたい人」の場合も同様です。

ここで重要なのは「自分一人の思い込みや印象で決めない」ということです。

当たり前ですが、プロフィール写真はあなた以外の人が見ます。
ということは、あなたが自分の写真からどういう印象を受けるかは二の次で、
あなた以外の人があなたの写真を見てどういう印象を受けるかが重要なんです。

当所では、原則としてプロフィール写真の撮影には仲人が立ち会います。
そして、ご本人と仲人と撮影スタジオのスタッフが、服装やお化粧やヘアメイクを相談して撮影をしています。

最終的にどの写真をプロフィール写真に使うかまで、この面々で相談して決めています。

次に、応用編です。

あなたの理想の相手がどんな人かを、具体的に仲人に伝えられるでしょうか?
ここではあなたの理想の相手像がより具体的であることが重要です。

その具体的な理想像を仲人に伝えて、その理想のタイプの男性が、どんな感じの女性が好みかを聞きます。
あくまで統計的経験的な意見になりますが、仲人はそういう情報や知識を少なからず持っています。

そして、その理想のタイプの男性が好むと思われるタイプに見えるプロフィール写真を撮影します。

さすがにプロフィール写真から受ける印象だけで理想のタイプとお見合いや交際ができるとは限りませんが、
これを意識しない場合に比べれば、可能性は違ってきます。

最後に、重要なポイントをお伝えします。

決してプロフィール写真を「奇跡の一枚」にしてはいけません。
頑張って撮影したプロフィール写真とできるだけ同じ外見(服装、お化粧、ヘアメイク)でお見合いに
出向けなければ、ここまでの苦労は「写真と本人が違い過ぎる」で水の泡になってしまいます。

プロフィール写真を撮影して登録してから、お見合いまでに実際の外見をプロフィール写真に
できるだけ同じに近づける努力が必要です。

プロフィール写真の撮影時に、お化粧やヘアメイクの方法やポイントをスタッフの方に
教えていただくことも忘れないようにします。

なかなか理想のタイプのお相手からの申し込みが来ないと思われる方は、仲の良いお友達などにご自分の
プロフィール写真を見せてみて、どういう印象を受けるかを率直に聞いてみてはいかがでしょうか?

もしそれで自分の思う印象と異なっているとすれば、あなたはプロフィール写真で失敗しています。
ぜひこの記事を参考にして、プロフィール写真を撮り直すことをオススメします。

お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム »